ホームルーム

スイーツ記念日

七夕

7月7日

旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織(ハタオリ)して棚に置いておく習慣があり、棚に機(ハタ)で織った衣服を備えることから「棚機」(タナハタ)という言葉が生まれました。

その後仏教が伝来すると、7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられました。

これに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結びつけられ、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされました。

七夕の日にのスイーツは、「ミルフィーユ」がオススメです。パイ生地を何枚も何枚も重ねて作る、「ミルフィーユ」の意味は、フランス語で「千枚の葉」です。

mille-feuille.jpg

今か今かと、この日を待ち続ける牽牛と織女が重ねた熱い想いのひとつひとつを「千枚の葉」が表すのです。

7月7日の午後7時に、恋人と夜空を見ながら「ミルフィーユ」を是非、食べてみてください。