ホームルーム

スイーツ記念日

七五三

11月15日

男の子は5歳、女の子は3歳と7歳の成長の節目に、神社や寺などに参拝して、無事成長したことを感謝し、これからの将来の幸福と長寿を祈る行事です。
11月15日に七五三を祝うようになったのは、この日が『鬼宿日(きじゅくにち)』で、鬼が外に出歩かないため、何事をするにも良いとされたからだそうです。

七五三では、千歳飴を食べて祝いますが、これは親が子どもに長寿の願いを込めて、細く長くなっており、縁起が良い紅白で着色されています。
この千歳飴は、江戸時代の元禄・宝永の頃に浅草の飴売りが売り出したのが始まりとされています。

 

七五三シール.jpg