ホームルーム

スイーツのまめ知識

かぼちゃ

秋の食材には欠かせない「かぼちゃ」。

かぼちゃの原産地は南米といわれ、日本へは16世紀に
ポルトガル船によって伝えられました。このかぼちゃは
「日本かぼちゃ」と呼ばれ、明治時代には「西洋かぼちゃ」が
伝えられました。

かぼちゃの種類は現在、大きく以下の3つに分類されています。

■日本かぼちゃ
  形・・・平たく縦に溝がありデコボコ。
  味・・・淡泊で、粘りがある。
  料理特徴・・・煮くずれしないので、煮物や蒸しものに向く。
■西洋かぼちゃ
  形・・・表面に溝がなく滑らか。
  味・・・糖質が多く甘い。
  料理特徴・・・甘みがあり、プリンやパイなどにぴったり。
■ペポかぼちゃ
  形・・・細長いものや小型がある。
  味・・・甘みは薄く、水っぽい。
  料理特徴・・・ベーコンと炒めたり、漬物に最適。


そして、かぼちゃには嬉しい栄養素がいっぱいです。

①かぼちゃにはビタミン類(B群,C,E等)が豊富。
 →体を温め代謝を促進させ、冷え性予防に効果的。
②かぼちゃの中にはβカロチンが多く含まれている。
 →粘膜や皮膚の抵抗力を高め、生活習慣病やガン予防に効果的。
③かぼちゃの皮には食物繊維が豊富。
 →大腸ガンや高血圧などの成人病、便秘に効果的。

また、かぼちゃの種は、ミネラルが豊富で、高タンパク、
高エネルギーのため貧血気味の方などは是非食べて頂きたいです。
調理方法として、まず水できれいに洗って天日干しにします。
よく乾燥させたらフライパンで表面に焦げ目がつくまで炒ります。
塩をふれば、おいしいおつまみの出来上がり。


かぼちゃはお菓子に向いている野菜の代表。
ゆでて裏ごしすると扱いやすいペースト状になり、
甘みもほどよく、色も美味しそうな、他の素材では真似出来ない
独特の深い黄金色に仕上がります。

そんなかぼちゃを使ったスイーツのレシピを「甘味王のレシピ」で紹介しておりますので
ぜひチャレンジしてみて下さい。

甘味王のレシピはこちら