ホームルーム

スイーツのまめ知識

シュークリーム

洋菓子の定番中の定番、シュークリーム。

実はこの「シュークリーム」というのは日本独特の呼び方で、
フランスでは「シュー・ア・ラ・クレーム」といいます。
「シュー」はキャベツ、「クレーム」はクリームのことで、
「クリーム入りのキャベツ」という意味です。
ちなみに英語では「クリームパフ」といいます。

jyannsyu-.jpg

それではシュークリームはいつ、どこで生まれたのでしょうか。

時は16世紀中頃、
イタリアのメディチ家の王女カトリーヌが
フランスの王子アンリ2世に嫁ぎます。
この時、製菓職人として王女と共にイタリアからフランスに渡った
ポプランという人によって「パータ・シュー」(シュー生地)が
フランスに持ち込まれました。

その後、この生地の中身を取り出し、詰め物をした料理が
生まれました。これがシュークリームの始まりであるとされています。

シュークリームが日本に伝わったのは幕末から
明治初期頃だといわれ、横浜の外人居留地で
幕末からすでに洋菓子店を営んでいたフランス人、
サミュエル・ピエールがシュークリームを最初に
日本に伝えた人だと考えられています。

そして当時、宮内庁大膳所(食事係)に勤めていた村上光保は、
宮内庁から横浜外人居留地に派遣され、ピエールから
フランス菓子を学びました。村上は後の1874年、
麹町に村上開新堂を創業し、現在も洋菓子を販売しています。

昭和30年代以降には冷蔵ショーケースが普及し、
シュークリームなどの生菓子は、気軽に楽しめるおやつとなりました。

今やシュークリームはショートケーキ、プリンと並んで
日本の「洋菓子御三家」といわれるほどの人気スイーツです。
コンビニ等でも手軽に買えるデザートになった一方で、
個性豊かな専門店の味など
強いこだわりを持つ愛好家が増えています。

みなさんもお気に入りの一品をみつけてみてはいかがでしょうか。