ホームルーム

スイーツの用語辞典

バウムクーヘン

生地を幾層にも重ねて焼き上げる、樹木の年輪のように見えるケーキ。

ドイツ発祥のこのお菓子の歴史は非常に古く、

200年位前にゲルマン人によって長寿や幸福を願って焼き上げたのがはじめと言われています。

食べ方しては、そのままシンプルに食べるのはもちろんのこと、ヨーロッパではホイップしたクリームをたっぷりつけながら食べられています。

またドイツでは、バウムクーヘンをちゃんと焼けるかで職人の腕を判断する1つの基準とされるくらい要な位置を占めているお菓子です。


さらに品質基準に関する規定もあり、バター以外の油脂は使用してはいけないと義務付けられています。


モンドセレクション 3年連続最高金賞受賞!

モンテールのバウムクーヘン→

モンテールのバウムクーヘン.jpg