知ってもっとワクワク

ティータイムを楽しく、
華やかにするスイーツの盛り付け方

お家で過ごすティータイムは、ゆっくりくつろぐことができ、家族との会話を楽しむのにぴったりですよね。

お家でのティータイムは、盛り付けを工夫するとさらに華やかに楽しむことができます!でも、おしゃれな「盛り付け方がわからない…」と悩んだことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、レストランのように盛り付けるコツ、見栄えを華やかにするテーブルセッティングの方法を紹介します。お家でカフェのような、ワンランク上のティータイムを楽しみましょう。

【選び方】ワンランクアップのお皿選び

それでは最初に、ケーキの見栄えを良くするお皿の選び方を紹介します。お皿にも少し気を使うだけで、一気に見た目が華やかになりますよ。

子供向けのお皿

小さなお子さんがご家庭にいらっしゃる場合、うっかりお皿を落としてしまうなど、思わぬハプニングがあるものです。そんなときにも笑顔でスマートに対応できるよう、割れにくいメラミン素材のお皿や紙皿を用意しておくと安心です。

メラミン素材のお皿は比較的安く手に入るものが多く、カラフルでポップなものが多くあります。
また、100円均一ショップでは、クリスマスやバースデーなどのイベントに合わせた絵柄の紙皿も充実しているので、シーンや好みに合わせて選ぶことができます。

そのほかにも、落としにくいように底面がシリコン加工されたお皿や割れにくい木のお皿などを用意しておいても良いかもしれません。

割れにくいお皿や、落として体に当たってしまってもダメージが少ないお皿はたくさんありますので、調べてみてはいかがでしょうか。

SNS映えするお皿

そのほかにも、SNS映えを意識しておくとさらに楽しめるかもしれませんね。おすすめしたいお皿は、木のカッティングボードとガラスのお皿です。

カッティングボードはスイーツだけでなく、ステーキ、チーズの盛り合わせにも相性バツグンです。また、ブランチのサンドイッチやおにぎりの盛り合わせなど、のせるものを選ばず普段の食卓でも活躍します。

ガラスのお皿はスイーツのほか、お造りやそうめんの盛りつけなどにも利用できます。また、下にカラフルなランチョンマットやプレースプレートを敷くことで、透明なガラスからさまざまな表情を演出してくれるので、アレンジしやすいです。

よくやりがちなのが、「お皿にスイーツを目一杯乗せてしまう」ことです。

しかし、SNS映えを狙うならお皿に余白を残すことをおすすめします。そのため、ケーキ皿は15~17㎝ほどの大きめのものを選ぶようにしましょう。

また、お皿の形は丸が使いやすくおすすめです。テーブルコーディネートとの組み合わせを考え、変化をもたせたいなと思ったときは、四角いお皿や長方形のお皿を選ぶのも良いでしょう。

たとえば、丸い形のお皿の横にスイーツを乗せた四角のお皿を置くことによって、テーブル上が引き締まります。

ワンランクアップの盛り付け方

お皿を選んだら、次はスイーツの盛り付け方でワンランクアップさせましょう!

子供向けの盛り付け方

子供が喜ぶスイーツや、盛り付けの際のヒントをご紹介します。

◆名前やメッセージをかく
チョコプレートやお皿などにチョコペンやフルーツソースで名前やメッセージ、簡単なイラストなどをかいてあげるとお子さんも喜ぶこと間違いなしです。

◆食べやすいもの
一口サイズのスイーツがおすすめです。ピンチョスのようにしてはいかがでしょうか。

スイーツピンチョスの作り方は以下のとおりです。とても簡単なのでぜひお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

モンテールのプチシューやワッフルを使えば、より美味しく食べられること間違いなしですよ。

  • フルーツやプチシュークリーム、ワッフルなどに竹串であらかじめ穴をあけておく
  • 彩り良くスティック菓子に刺していく
  • お皿に盛り付けて完成

◆楽しいもの
たとえばチョコレートフォンデュなど、楽しみながら食べられるものも良いですね。

ココットやフォンデュ用のポットに生クリームとチョコレートを溶かせば、簡単にチョコフォンデュができますよ。小さくカットしたモンテールのロールケーキやバウムクーヘン、マシュマロ、果物など、たくさん種類を用意しておくのをおすすめします。

SNS映え向けの盛り付け方

SNS映えするスイーツの作り方・盛り付け方を見ていきましょう。

◆ロールケーキ
まずはロールケーキを使ったSNS映え間違いなしのデコレーションスイーツの作り方をご紹介します

材料

  • お好きな果物(種類が多い方が見栄えも良くなります)
  • フルーツソース
  • チョコレートソース
  • チョコレートの飾り
  • モンテールのロールケーキ

作り方

  • ロールケーキの上に彩りよくフルーツを並べる
  • その上からソースやチョコの飾りで彩りを加える

フルーツを食べ進めていくと、下から甘くておいしいクリームがでてきます。ふわふわのスポンジと一緒に、思わず笑顔が広がるでしょう。

◆プチシュークリーム
次に、プチシュークリームを使ったスイーツを紹介します。お酒を飲みたいときにもおススメな、ちょっぴり大人のデザートです。

作り方は簡単!プチシュークリームに、くるみやブルーチーズ、はちみつをトッピングするだけです。

そのほかにも、SNS映えを狙うなら、盛り付けに使用するお皿は木のカッティングボードがおすすめです。おしゃれなカッティングボードを用いることで、簡単にカフェ風スイーツを演出できますよ。

カッティングボードに合わせるスイーツはチョコレート系などの茶色や黒いケーキがおすすめです。カッティングボードの木の色味とケーキの色の対比がとてもきれいでSNS映えしますよ。

また、コーヒーの入ったカップがあれば、スイーツと一緒に大きめなお皿(カッティングボード?)にのせてワンプレートにまとめると一体感が増してよりカフェ風に。カップの色とプレートの色をあわせてみるのもおすすめですよ。

小さなスイーツを用意する場合は、重ねて盛り付けることで、雰囲気が豪華になるので、こちらも試してみてください。お皿の中心に向けて高さを出すように盛り付ければ、レストランやカフェのように華やかでおしゃれになりますよ。

モンテールのレシピサイトでもいろいろなスイーツのアレンジレシピをご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。
https://recipe.monteur.co.jp/

スイーツができたら!最後はテーブルセッティング

スイーツをお皿に乗せて、きれいに盛り付けが終わったら、最後はテーブルをセッティングしましょう!

子供向けのテーブルセッティング

子供たちがメインのテーブルに生花を置くと水がこぼれる危険があるため、取り扱いに注意しましょう。小さなフェイクフラワーのアレンジメントやオーナメントを用意し、飾っておくのがおすすめです。

折り紙をテーブルクロスの上に置いておくのも良いでしょう。大人がおしゃべりをしているときに折り紙をして、みんなでテーブルを囲むなど、家族団らんのひとときを演出できるのではないでしょうか。

身近なもので、カラフルなテーブルを楽しく作ることができますよ。

大人向けのテーブルセッティング

一方、大人のテーブルはちょっとシックに、色を抑えて演出するのがおすすめです。
メインの色を決めたら、その濃淡かサブの色を選び、差し色を加えます。

例えばオーソドックスなクリスマスなら、赤をメインに白がサブ、緑や茶~金色を差し色に使う、といったところですね。同じ赤でも鮮やかな赤を選ぶか、少しくすんだ赤を選ぶかでも、イメージは変わってきます。

花は生花でも華やかですが、食卓に飾るものはあまり香りが強くないものを選ぶのが鉄則です。

花は低めにまとめて、向かいあった方の顔がしっかりと見えるようにアレンジしましょう。ナプキンリングに一輪ローズマリーなどハーブを添えるなど、少し工夫を加えるだけでも華やかになりますよ。

まとめ

テーブルアレンジやスイーツの盛り付けを考えるとき、まずはテーマを決めて楽しむのがおススメです。家族みんなで楽しみながら、素敵で華やかなティータイムを演出していきましょう。

盛り付けのデザインや材料は、いったんメモに書きだしてみるとイメージが具体的になり、スムーズに準備が進みます。材料の買い忘れも防ぐことができて、一石二鳥です。

楽しいスイーツタイムになりますように!

知ってもっとワクワク スイーツの楽しみ方

カラダにやさしい スイーツの楽しみ方